文化箏とは 無料体験・ イベント

 


文化箏って何?

文化箏は従来のお琴を2分の1の長さにして取り扱いやすく、箏の面倒、 難しさを
なくしたお琴のことです。

本物と同じ総桐製で、糸も同じものを使ってあり、 一番難しい音あわせは出来ていて、
微妙な音合わせも簡単にハンドルでできます。

教本、曲集は大正琴のようにわかりやすい数字譜ですので、どなたにも、 はじめた
その日から楽しみながらいろいろな曲が覚えられます。

学校教材として、また生涯学習教材として採用されています。

全国に数多くの教室や発表の場を持っています。



文化筝の魅力はなんですか?
 
いろいろありますが、やはりコンパクトで使いやすく、 誰でも気軽に簡単に始められることではないでしょうか。 文化筝を通しての人との繋がりも楽しみのひとつです。

本筝とどう違うのですか?
 
大きさが本筝の約1/2となり、 持ち運び易く、また音合わせを終えた状態で持ち運びができ、 どこへいっても微調整するだけで演奏が行えます。

 

演奏するのは難しくないですか?
 
音符が読めなくても大丈夫。 横書きの数字譜“1”から“10”と3つの漢字を覚えるだけ。 後は新しい曲に出てくる記号をいくつか覚えると、楽譜が読めるようになります。


 

教室などはありますか?
 
学校教材として、採用されたこともあり、 現在、文化筝を楽しむ一般の人も増えています。これに従い、教室も次々と開講し始め、 長野県下でも80箇所を越えています。無料体験講座がありますので、自分にできるかどうか、 合っているかどうか確認して始める事が可能です。

どんな曲をひくことができますか?
 
教材には、ポピュラーから日本歌曲、 童謡、民謡、映画音楽、ラテン、タンゴ、クラシックまであらゆるジャンルを網羅しています。

お金がかかりませんか?
 
本筝は7万から500万くらいかかりますが、 文化筝は4万円代と8万円代の2種類となっています。また、 お稽古代も安く済ませることが可能です。

uketuke